Welcome to Swim to Smile! with Hiroko Nagasaki

泳いだ先には笑顔がある!

長崎宏子のSwim to Smile!
長崎宏子

小学生でオリンピック代表に選ばれて以来、競泳選手として「より速く」を求めて泳いできた私にとって水は「戦う水」でした。我が子の誕生と共にであったベビースイミングの世界には「癒しの水」がありました。泳いだ先にはきっと笑顔があると思って辿り着いたベビーアクアティクス。そこには私自身の子育てが詰まっています。

「育児のストレスも水の浮力が軽くしてくれます」

私と共に「子育てスイミング」のプールに飛び込んでみませんか?

長崎宏子

長崎宏子のベビーアクアティクス

1998年10月13日に誕生した長崎宏子のベビーアクアティクス。

長崎宏子の水泳人生の集大成です。
自らの子育てと水泳への愛がブレンドされてひとつのプログラムが生まれました。子育てが楽しくなる。人生が明るくなる。子どもが大好きになる。親子の絆が揺るぎないもになる。いつしか「子育てスイミング」と呼ばれるようになりました。

赤ちゃんは大切な未来そのもの。

子育て奮闘中のママさん、パパさん、どうぞベビーアクアティクスのドアをノックしてください。

水の浮力は育児ストレスも軽くしてくれます!

Open the door of Baby Aquatics!

 

ベビースイミング

私は1995年に授かった長女と一緒に泳げるプールを探し歩きました。驚いたことにどの公共プールも赤ちゃんの入場は禁止!でした。そこでいろんなベビースイミングを見て回りました。しかしフィットしたものに出会えず・・・そんな時、競泳の仲間から湯本秀子先生が指導しているベビースイミング教室を知りました。そこで娘との初のベビースイミング体験が始まります。初の子育てとベビースイミング。湯本先生のレッスンには、根底にしっかりとした人間教育の哲学があり、そこからのプログラム展開であることを長年の競泳体験から察知しました。このスイミングで育ったのは長女だけではなく、私自身だったのかも知れません。

1998年に次女が誕生。私は先生の薦めもあってオリンピックスイマーとして初のベビースイミング指導者になる決心をしました。この素晴らしいプログラムを多くのお母さんと共有したかったからです。そして、その年の10月13日、長崎宏子のベビーアクアティクスが誕生しました。

湯本プログラムの根幹は、水温と哲学。哲学については、身体論から運動論まで科学的な応用と展開を有しています。一方で、現実的な問題として「水温」はある意味ベビースイミングの試金石かもしれません。水温32度以上を実現できるプール、そして赤ちゃんをウエルカムしてくれる施設と環境を求めて、辿り着いたのが、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルとリソル生命の森(旧日本エアロビクスセンター)でした。

この両施設では私の理想とするベビースイミングが実現されています。いつでも笑顔で迎えてくれるスタッフ、透明度を誇るプール、レッスン後のジャグジーやお風呂、ベビーちゃんのためのスペースなどベストパッシブルな環境があります。その中で、長女とともに学び、次女とともに展開し、三女とともに発展した長崎宏子のベビーアクアティクスが開催されています。

皆様のお越しをお待ちしております。

ブログ

4月スタートコースの開講延期について

各位 緊急事態宣言発令に伴いシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのオアシスについて5月6日まで閉鎖となっておりましたが、このたび同ホテルよりホテルを臨時休館とすることになったのと連絡が入りました。 誠に残念ですが …

4月スタートコース開講日延期のお知らせ

いつもご愛顧を 賜りまして、誠にありがとうございます。 昨日、新型コロナウィルス感染の対策について、メールをお送りし、当方ではかような状況であるからこそ、「皆様のストレスと運動不足解消の場として今こそ衛生管理の行き届いた …

子育て相談

子育て真っ最中のあなた!悩んでいることがあればこちらからご相談いただけます。楽しい子育てのお話しも承ります。

(ご回答は長崎宏子の見解となります)

ベビーアクアメール

上記のフォームからご連絡ください。